しなやかに、ゆるやかに生きて行く

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋の県大会

そうそう、秋の中体連である県大会。無事終わりました(もう冬だ;)

1人1種目。秋季の標準記録を突破していないと出られません。

uzu はとりあえずクリア(部内で長距離の人数が皆無なので選びたい放題)。800に出ました。

レース表を見るとuzuは1組。ライバルは・・800ではいつもの子たち。さあ、第2回記録会ではまずまずだったけれど、今回はどうか・・・と緊張。

そう、同じ順位でも今度は秋季中体連。表彰がある。私の中ではオリンピックみたいなもの(苦笑)

そんな日だったのに、前の日寝るのが遅く(テーピングにメッセージを可愛く書いてリレーメンバーに配るため)そして朝5時過ぎに家を出るのに、勿論起きれなくて友達を待たせて・・のおなじみの結果に、見送りの時険悪な感じになってしまいました。

・・・ということがあり「それでもこんな大事な日なのに、気持ちよく送り出せたはずなのに・・」と余計に競技場に着いて申し訳ない気持ちになりました。

uzuの出番は昼前。朝あんな貧相なご飯で走れるのかどうか・・と自らの色んなことに反省しつつ(すぐ忘れる)始まった800メートル・第1組。ファンファーレの後に「オンユアマーク」ああ、オリンピックみたい・・・の中、ピストルが鳴りスタート。

前回は2番手→3番手→2人抜き、でしたが、今回は最初半周は4番手・その後1周400メートルでトップに・・とその後トップをキープしていました(競っていたけれど)。

そして残り200。並ばれそうになりながらもトップをキープしつつ、そのままゴール。1位、優勝!!
もう、本当に嬉しかったです。記録会とは違い、表彰がある、優勝という言葉がある。
その日は1日嬉しかったです。

ただ、タイム的にはあまりよくなく・・先生にも「よくあのタイムで優勝したな」といわれたそうです。えーひどい~と一時思いましたが、う~ん確かにそうかも・・歴代のタイムと比べても・・という感じ(申し訳ない)。

そう、uzuは絶対的強さは無く、危うい感じの1位なのです・・。秋はこれで終わりだけれど、夏の大会は優勝すると県の上の大会に行ける。あと半年でどこまで伸びるのか?それとも落ちてしまうのか?周りもどこまでタイムをあげてくるのか・・・?このまま800で行くのか?1500も考えるのか?・・・いろいろ思うと不安材料ばかり(しかも体細すぎでスタミナ持つのか)ですがこればっかりはそのときにならないとわかりません。

怪我なく笑顔で夏が迎えられるといいけれど・・と心配性の母は思います。

とりあえず今回の結果で県の強化合宿に行くことができるので、他の中学の子と仲良く頑張っておいでね、と思う母です。どの子も、いくつになっても心配ばかり(^_^;)
[PR]
by aguri127 | 2016-11-29 15:11 | 陸上

NS―304

思えば5年ちょっと前。確定診断が出て1ヶ月弱の頃。最初に参加させて頂いた勉強会の時に出てきた言葉。

NS-304

(プロスタグランジンの中に)のみぐすり・そのうち治験始まる

と、当時のメモに記してありました。

これがのちに、セレキシパグのこととわかりました。

そして、先週の外来の時、地元の主治医に

「これ、この前お母さんがおっしゃっていた薬、来週発売しますね」

と言われました。


「ウプトラビ錠」


うおーなんでそんな名前?言いにくいけれど・・(^_^;)


前主治医は以前「(セレキシパグが出ても)フローランより勝る薬は今のところない」と言っておられた。

でも、わからない。他の薬との飲み合わせ・相互作用。飲んでみなくてはわからない。

とてもわくわくする。医学は日進月歩。5年前自分に言い聞かせていた言葉。でも今本当にそうだよな、と思っている現在に乾杯!


e0218893_22115396.jpg


「アドシルカ」は先週からレバチオから切り替わりました。体調は変わりないとのこと。
[PR]
by aguri127 | 2016-11-23 22:16 | 肺高血圧情報

秋の読書感想文・おとな?2016

そして、某棋士の奥様のアヒルツイッタ―を見ているうち、私もアヒルが好きになり、図書館で借りてしまいました!

e0218893_16565427.jpg

『アヒル飼いになる』  誠文堂新光社

私も飼いたいな・・とつぶやくと、「やめろeruが食べる」「えっeruが食べられるんじゃ・・」と家族間で物議をかもしました(^_^;)

でも、みているだけでも、可愛い♡

アヒルツイッタ―はアヒルだけでなく棋士との宇宙人的な交流?や優しさにあふれる日常・たまに発信される自身の生い立ち等々、色々な意味で深いです。とっても素敵。アヒルと将棋が気になる方(笑)は、是非(*^。^*)
[PR]
by aguri127 | 2016-11-14 17:14 |

秋の読書感想文・児童書・2016・その2

e0218893_1636350.jpg

『ライバル おれたちの真剣勝負』
はまなか あき 著/K-SuKe 画
出版社: 株式会社KADOKAWA


こちらも最近読んだ本。

将棋の強いリュウは小学校5年生の男の子。でもプロの登竜門『小学生名人』になるための県代表選で最後ミスして負けてしまう。

リュウの父は自分が果たせなかった「プロの将棋士」の夢を息子に託そうと、なんとライバルのいない隣の県へ引っ越しまでしてしまう。そんな父をリュウは腹立たしく思い、やがて将棋が嫌いになってしまう・・・。

でも、引っ越し先の新しい学校で、いじられキャラのマサブーことマサユキに出会って、リュウの気持ちが次第に変わっていき・・。


このマサユキと将棋をするようになって、リュウは本当の勝負の楽しみを知ることとなります。悔しいけれど嬉しい、嬉しいけれど悔しい、そんな思いが、子ども目線でさらっとストレートに書かれています。お父さんとの関係も、将棋への思いも、ああ、子どもってそうかもな・・いや、実はもっと深く考えているのかな?と親目線から読んでも面白かったです。

丁度この本を読んだ後に某将棋棋士の奥様のアヒルツイッタ―の存在や将棋スマホ疑惑や3月のライオン(まだ1巻しか読めていないが、1巻から涙。車屋さんにエンジンオイル交換の時に置いてあった本を読んだので、困った;)の存在を知って、今何故か私の中では将棋が騒がしい!です。聖の青春の映画もやるしね!
[PR]
by aguri127 | 2016-11-14 16:39 |

秋の読書感想文・児童書・2016

最近読んだ児童本です。

e0218893_15553349.jpg

『透明犬メイ』

辻 貴司 作/丹地 陽子 絵 岩崎書店


ある朝、学校に行こうとしたら犬がついてきた。
それも普通の犬じゃない、透明な犬!

だからって幽霊なんかじゃ、ない。
だって息をしてるもの。
泥の中に入ったら、姿が見えたんだもの。

それでもって、何だか僕にとても懐いてる・・きみは、誰?


・・・表紙も素敵で、思わず手に取りました。

途中ハラハラドキドキ。最後はとっても予想外の展開。そしてちょっと涙。

恐らく小学生中学年?ぐらい?勿論大人も楽しめます(私も~(*^o^*))
来年の夏休みの読書感想文にも、是非♪ もしかして課題図書にもなっているかも(^_^)v

透明犬のメイちゃん、なんで”ぼく”の前に表れたんでしょうね?
気になる人は、書店or図書館にGO!
[PR]
by aguri127 | 2016-11-14 16:10 |



病気の子を持つ母の日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブログパーツ
メモ帳
mail
aguri127@excite.co.jp

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新の記事
お知らせ
at 2017-10-03 19:53
やんちゃだったキアゲハ4号も
at 2017-09-22 21:07
マイブーム
at 2017-09-20 18:15
夏の夜の怖〜い漫画・その6
at 2017-09-14 21:59
夏の夜の怖〜い漫画・その5
at 2017-09-14 21:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル