しなやかに、ゆるやかに生きて行く

新年早々、びっくりしたことその1

「笑ってはいけない~」も大方見たので、さあ明日も早いから寝よう、と思った深夜未明。

どの位時間がたったのか、部屋の外から「ワンワンワン―――」とeruの吠える声。あれ、どうしたのだろう?参拝客(外で初詣の人が歩いている)が気になるかな?・・と思い、部屋から出ると、、、

誰か、1階にいる!!複数!しかも階段を上って来る・・コンタクトが無くてわからないけれど、大きい人影・・・誰!!

――と思っていたら、


「あっお邪魔しています―」


と野太い声。あ、そうだそうだ、と寝ぼけまなこで

「あ!あけましておめでとう!ごめんねこんな格好(パジャマそしてひどい顔・・トホホ。新年なのに)で」

と、aguriの友達に挨拶しました。



遡ること大晦日。aguriが昨年に引き続き「新年をまたぎ出掛ける(寺社をウロウロする)」と言うので「朝は冷えるので暖を当たりに帰っておいで」と声掛けをしていたのです。

きっと神社のお火焚きも終わり、寒くなったのでしょう。総勢8人、ぞろぞろとaguriの部屋に入っていき、そして日の出とともに再び外へ行ってしまいました。


災難だったのはeru。夜中ソファで寝ていたら、外からいきなり大男たちがワラワラとリビングに入ってきて、さぞびっくりしたことでしょう。そしてうるさいからとaguriにケージに入れられて・・。私が朝リビングに行ったら、ケージでちょこんと座っていました。そしてドアを開けてあげたら、急いで彼女専用の安全地帯の狭い場所にスルリと入っていきました^_^;


それにしても高校バラバラでも何だかんだ一緒にいるんだね、と。ここは田舎で狭い町。みんな幼稚園から一緒。もしかしてこれからもaguriはこの町でずっと生きていくかもしれない。それはそれで楽しいかもな・・と、ちょっと嬉しい気持ちになった2014年のはじまり。
[PR]
by aguri127 | 2014-01-07 11:12 | 思うこと
<< 新年早々、びっくりしたことその2 今年 >>



病気の子を持つ母の日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
メモ帳
mail
aguri127@excite.co.jp

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新の記事
お知らせ
at 2017-10-03 19:53
やんちゃだったキアゲハ4号も
at 2017-09-22 21:07
マイブーム
at 2017-09-20 18:15
夏の夜の怖〜い漫画・その6
at 2017-09-14 21:59
夏の夜の怖〜い漫画・その5
at 2017-09-14 21:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル