しなやかに、ゆるやかに生きて行く

やれやれだけれども

さて懇談aguri。

ある意味スゴイ点数を取ったけれど、追試は無かったので赤点は無いかな・・と思い、でもきっと怒られる(前回すごく怒られた)から・・と足取りは重く学校に向かいました。

まず初めに先生より来年度の教室の確認(すっかり忘れてた!)。引き続き低い階で・・とお願いしました。

それから本題・・まず家庭学習の少なさを指摘。これは体調もあるのですか?と私に振られ「とんでもない!!」と即答。「ほら!」「ほら(ナニ、まさか体調でこれしか出来ないとかいってたの!?)!」と先生と私の声がシンクロ。

そして家庭学習の確保を早急に、から始まり、得意科目はもっと伸ばす&苦手教科も底上げしなくては・・と、かなり具体的にお話してくれました。

面白かったのは「(現国小説の)人の気持ちがわからないようなんです。」と言ったら「理系の人は(文系の)国語の先生に教わるより、理系の(国語を理解することが出来た)先生に解き方を聞いた方がいい。」と言われた事。あ~成程な~そんな考え方もあるんだ~と納得。

成績の方はテストが物理や理科総合みたいなのが好成績だったので、ちょっと期待もしましたが、数字には反映されず(う~ん、ということはitsukaの成績はますます甘いような;)。しかし本人ギブアップ宣言の出た現国(正直に申しますと、その他も;)はバッチリ反映されているような・・(後がない)(^_^;) 体育はいつも通り実技をしていないので、最低ランクが付いています。でも、こちらはそれ以下になる事は無いと思うので気分的には楽です。

現国、その他モロモロ「(学年末赤点が付くと進級が出来なくなるので)頼みますよ!」「頼むよホントに!」とまたも先生と私の声がシンクロ;


今回も散々怒られた(注意?)けれど、もっと怒られるかと思っていたので、よかったです^_^;
あとは本人の問題だし。

あ、こぼれ話で「aguriくんに教室のストーブをなおしてもらった。」と先生より。へ~そんなことしているのね、とそんな話が聞けたのが、一番の収穫だったかもしれません。
[PR]
by aguri127 | 2013-12-21 08:57 | 日常
<< 楽しい日を! びっくり >>



病気の子を持つ母の日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
メモ帳
mail
aguri127@excite.co.jp

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新の記事
お知らせ
at 2017-10-03 19:53
やんちゃだったキアゲハ4号も
at 2017-09-22 21:07
マイブーム
at 2017-09-20 18:15
夏の夜の怖〜い漫画・その6
at 2017-09-14 21:59
夏の夜の怖〜い漫画・その5
at 2017-09-14 21:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル